日本テニス界の歴史を振り返ろう!

錦織圭選手が日本テニス界で、史上最高の位置に居ますが、 今だからこそ、先人たちの偉業も振り返ってみてみましょう!

悲運の名プレーヤー佐藤次郎!







錦織圭選手が活躍を続け、男子テニスランキングで、
日本人初の4位になることが、確実となっている。


2014年の全米準優勝始め、快進撃を続ける中、
様々な過去の日本人名プレーヤーが、再び脚光を浴びたが、
なかでも、最も多く報道されたのが、佐藤次郎だろう。


4大大会で5度、シングルスベスト4に進出し、
今日でも、イギリスのテニスの神様として称えられている、
「フレッド・ペリー」 にも勝利した、日本が世界に誇る名選手である。


4大大会シングルス、”32勝” の記録は、
長く、日本テニス史上・最高記録だったが、
2014年、錦織圭選手がその記録を塗り替え、
更に、記録を伸ばし続けている。


歴史は、必ず動いていくものなのだ。


戦前世界の舞台で活躍した、日本人テニスプレーヤーの多くが、
戦後も生き続けたのに対し、佐藤の死は、悲劇的なものだった。


テニス雑誌の記者と婚約発表し、デビスカップの、
日本チーム主将として、ヨーロッパ遠征に参加した帰り道、
遺書を残し、マラッカ海峡に身を投げたのだ。


エースとして、無理を押して試合に強行出場し、
日本庭球教会の主導権争いに巻き込まれるなど、
心身ともに、疲れ果てての行動だった。


佐藤の自殺は、後の1964東京五輪銅メダリストで、
マラソンランナーの、円谷幸吉に繋がるものがある。


周囲の強烈なプレッシャーのもと、
日本のエースとして、国を背負って立つ者としての意識が、
あまりにも強過ぎたための、悲劇という点だ。


2020年に東京五輪を控えている日本だが、
再びこういった悲劇を繰り返さないためにも、
代表選手のメンタルケアを、重視してもらいたい。






コメントを残す

日本テニス界の歴史を振り返ろう! © 2017 Frontier Theme