日本テニス界の歴史を振り返ろう!

錦織圭選手が日本テニス界で、史上最高の位置に居ますが、 今だからこそ、先人たちの偉業も振り返ってみてみましょう!

教科書にも掲載されたやわらかなボール!







何の競技でも、ドーピングなどの問題で、
スポーツマンシップやフェアプレー精神が揺らいできている昨今だが、
かつて、その潔いプレーぶりで欧米で人気を博し、
『シミー』の愛称で親しまれた、日本人テニスプレーヤーがいた。


ウィンブルドンでベスト4、全米選手権でベスト8入りを始め、
数々の大会で活躍した、清水善造である。


単にスポーツ選手としてだけではなく、
人間として優れた姿勢を示す清水の逸話が、数多く残されている。


最も有名なエピソードは、1920年ウィンブルドン準決勝における、
いわゆる、”やわらかなボール”である。


アメリカのチルデン選手と対戦した際、
転倒したチルデンを見て、彼が起き上って打ち返せるような、
ゆっくりとした球を送ってあげたという話である。


この話は戦前・戦後の教科書に掲載され、
美談の典型として、人々の記憶に残ることとなった。


これだけではなく、サーブを放ち主審が判定を迷った際に、
ダブルフォルトを自ら申告した試合がある。


その時は相手もさるもので、その判定に納得せず、
次の清水のサーブを、わざとネットに当て自らポイントを捨てた。


これだけの活躍を続けた清水だが、
オリンピック出場を果たすことはできなかった。


清水の活躍を、当時の日本オリンピック委員会は、
ロクに知らずオリンピック出場を認めなかったからである。


もし出場を果たしていたら、日本人最初のメダリストに、
なっていたかもしれないが、本人はそれに対して、
公式的に異を唱えたことはない。


チルデン選手との友情は続き、1923年に起きた関東大震災の、
義援金募集テニス大会が、全米各地で行われた時、
共に参加して、日本復興に大きく貢献している。


現在活躍を続ける日本人選手達もこうした姿勢を見習い、
国際親善に貢献してもらいたいものだ。






コメントを残す

日本テニス界の歴史を振り返ろう! © 2017 Frontier Theme