日本テニス界の歴史を振り返ろう!

錦織圭選手が日本テニス界で、史上最高の位置に居ますが、 今だからこそ、先人たちの偉業も振り返ってみてみましょう!

日本人女子初の4大大会制覇を遂げた沢松和子!







かつて日本において、テニスやゴルフは、
裕福な人たちが行うスポーツというイメージが先行していたが、
テニスの普及と大衆化において、
大きな影響を与えたのが、沢松和子である。


1975年のウィンブルドンにおいて、
沢松は日系人のアン清村とペアを組み、
女子ダブルス部門で優勝し、日本人女子選手として、
史上初の4大大会タイトルを獲得した。


後に、姪にあたる沢松奈生子も、
プロテニスプレーヤーとして活躍した。


ダブルスでの優勝ばかりが話題として先行しがちな沢松だが、
シングルスでも好成績を残している。


全豪ではベスト4、全仏・全米ではベスト8の、
最高成績を残している。


唯一、3回戦どまりだった全英で、
史上初の日本人優勝を成し遂げているのは、
面白いポイントと言える。


この時期は、衛星中継が始まって間もない頃で、
海外の大会が、録画中継ではあるが観られるようになった。


決勝戦の模様がテレビ放送されたことがきっかけで、
テニスブームが本格的に日本で開花していくこととなる。


加えて、男子テニスでは、ビヨン・ボルグやジョン・マッケンロー、
女子テニス界ではクリス・エバート、マルチナ・ナブラチロワといった、
個性的なスターが、この時期たくさん出たことも、
テニスブームに火を付けたと言える。


沢松はこの年限りで引退したが、彼女の功績は、
たくさんの関係者に刺激を与え、テニストーナメントや、
テニススクールの増加、ファン層の拡大などに繋がっていった。


この偉業があったからこそ、後の伊達公子や、
錦織圭の登場があったのだろう。


一人の選手が切り開いた道が、後の選手の育成にも、
大きな影響を与えるところに、スポーツの奥深さを感じずには、
いられないのである。






コメントを残す

日本テニス界の歴史を振り返ろう! © 2017 Frontier Theme