日本テニス界の歴史を振り返ろう!

錦織圭選手が日本テニス界で、史上最高の位置に居ますが、 今だからこそ、先人たちの偉業も振り返ってみてみましょう!

日本人初のメダリスト熊谷一弥!







テニス競技に軟式と硬式があるのは知られたことだが、
明治時代に日本にもたらされたテニスが、国内で先に普及が進んだのは、
用具が比較的手に入れやすかった、軟式競技だった。


硬式転向の機運が高まったのは、大正時代に入ってからで、
その理由としては、国際交流を目指してのことだった。


1913年、当時慶應大学テニス部員だった熊谷一弥は、
日本で初めて硬式テニスに挑戦した先駆け的存在で、
大学卒業ととも、にアメリカに拠点を移した。


純粋にテニスだけでアメリカに渡ったわけではなく、
就職した職場の関係で海を渡ったわけだが、1918年の全米選手権で、
ベスト4に進出する快挙を成し遂げた。


これは、2014年準優勝した錦織圭に破られるまで、
同大会での日本人最高記録であった。


さらに1920年のアントワープ五輪においては、
男子テニス競技で、シングルス・ダブルスともに銀メダルを獲得、
1921年のデビスカップにおいても、
初出場ながら準優勝したメンバーの1人として活躍するなど、
その功績は、日本テニス史上の中でも眩いほどの輝きを放っている。


その後、1951年に日本がデビスカップに復帰した際、
熊谷は、日本代表チームの監督に選ばれた。


チームが勝利することはなかったが、アメリカのメディアは、
30年以上前の熊谷の世界での活躍を覚えており、
ニューヨーク・タイムズで紹介されるなど、
テニス界のレジェンドとして、記憶に残る存在だった。


メジャーリーグで、イチロー選手が数々の安打記録を作る際、
ジョージ・シスラ―など、かつての名選手の功績が日の目を浴びたように、
テニス界においても、錦織圭選手の活躍によって、
かつての名プレーヤー達の存在を知らしめることに繋がるのは、
とてもいいことだと思う。


先人の功績を誇りにしたいものだ。






コメントを残す

日本テニス界の歴史を振り返ろう! © 2017 Frontier Theme