日本テニス界の歴史を振り返ろう!

錦織圭選手が日本テニス界で、史上最高の位置に居ますが、 今だからこそ、先人たちの偉業も振り返ってみてみましょう!

レジェンド・クルム伊達公子の功績!







スキージャンプ界において、葛西紀明選手が、”レジェンド”として、
世界から尊敬の念を集めているように、テニス界においても、
クルム伊達公子選手が、多くの選手から称賛を集めている。


4大大会すべてにおいて、ベスト8以上の成績を収め、
時の世界ランキング1位、シュテフィ・グラフとも互角の戦いを演じ、
世界ランキングで、最高4位を獲得した。


にもかかわらず、キャリア絶頂期の1996年に引退、
その後、2008年に37歳で電撃的に現役復帰し今も世界で戦い続けている。


伊達選手のハイライトは、何といっても、
1996年フェドカップにおいて、女王グラフに逆転勝ちしたシーンだろう。


第11セットを、0-5からの大逆転で先取した後、
第2セットを取られ、第3セットを12-10で制した伝説の試合だ。


会場が、東京・有明コロシアムだったこともあり、
勝利後は、拍手と歓声が鳴りやまなかったほどである。


その年のウィンブルドン準決勝、
2日間に渡る、グラフとの死闘も忘れ難い一戦だ。


第1セットはグラフが取り、第2セットを伊達が取り返し、
勢いに乗って第3セットを迎えようとした時、
日没順延になってしまったのだ。


”たらればの話”は、スポーツでは禁物だが、
もしこのまま、第3セットが始まっていたなら、
伊達の決勝進出も、十分可能性があっただろう。


現役復帰した後も、様々な大会で最年長勝利記録を、
塗り替えるなど、代名詞となっている、ライジングショットと、
試合の流れを読む勝負感は、健在だ。


さすがに故障をいくつか抱え、二度目の引退の日は、
刻一刻と近づいているが、その日が来るまで、
悔いのないよう戦い続けてもらいたい。


彼女の挑戦に、惜しみない拍手を送りたい。






コメントを残す

日本テニス界の歴史を振り返ろう! © 2017 Frontier Theme